Welcome to my blog

かなぢゃんの「なんぢゃら」お試しR

HUAWEI Mate 9【Part 1】開封の儀編【MHA-L29】【Leica】

かなぢゃん

かなぢゃん

5.9インチ大型液晶
ライカ ダブルレンズ
流行のsimフリー
スマホでございます♪


今回の
かなぢゃんの「なんじゃら」お試しは
をお試ししてみました。

○定価¥64,680(税込)
私は、MNP→エキサイトモバイル(最適プラン+通話)でキャッシュバックがあるので実質4万円ほどでした。

40代以降の私と同世代の方々は
HUAWEI?華為?
ファーウェイ?
って感じだと思いますが、
今期6月・7月度には
Appleを抜き世界第2位の
販売シェアにのし上がった
(先日の新型iPhoneの発表で束の間かな)
中国の通信機器メーカー
「ファーウェイ」
その原動力ともなった
ブランド最上級モデル
HUAWEI Mate9
をお買い上げでございます。

今まで、
ゲラケー×2(仕事・私用)と
初代iPadmini(wifiモデル)で
過ごしてきましたが、
さすがにiPadminiも5年も経つと
厳しくなってきましたので、
プライベート用のガラケーを
スマホに買い替えで。

お約束「開封の儀」

まずは、
ライカの赤いロゴ
目に飛び込んできます。
正方形のオシャレ黒箱の中から
コンニチハ♪

本体、急速充電器、ケーブル、
取説、イヤホン。

なんと
microUSB-TypeCの変換アダプタ
液晶保護フィルム
背面ケースまでもが付属品!!
↑繋ぎには十分なクオリティー。
さらに、通常の本体1年保証の他に、
購入後90日以内であれば画面を
破損したときに無償で修理を
してくれる保証がついています。

「至れり尽くせり」
誤解を恐れず言えば、
昔の日本のサービス精神を
パクられてますね…
(今じゃ日本のメーカー品には本体とUSB1本しか入ってないって(苦))

まずは外観から
色はシャンパンゴールド
にしてみました。
黄色が淡く上品なお色。

5.9インチの大型液晶の割に
大きさが抑えられているボディ。
枠の部分を極端に削ぎ落とした
極狭ベゼルがポイント。

大きさ比較

左から○4.5インチ(Priori3) ○5.9インチ(Mate9) ○7インチ(原道N70) ○7.9インチ(iPadmini 1st)
現在、主流の5インチ端末が無くて失礼。

他社の最上級モデルと
比べても全く見劣りしない
中身もカメラも
ハイスペックな性能。
さらに大きな5.9インチ液晶で
私の購入金額だと、
今週金曜(9/22)に発売になる
iPhone8 Plus(5.5インチ)
半額以下でお得感もタップリ♪
この辺りも人気のポイントでしょう。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)
対応した端末で、SIM2枚刺しで
プライベート用と仕事用の2つの電話を
このスマホ1台にまとめることが
可能なんですって。
(私は多分、仕事用のガラケーは残すかな)

まだ2週間ほどですが、
使ってみた感想は、
サクサク動いて
ストレス無し。
大画面の宿命で女性の手では
片手操作は、ちと厳しいかな。

背面の指紋認証もサクサク。
普通に使う分には丸3日間くらい
持ちそうな大容量バッテリー。
1時間ほどで80%まで充電できる
「超急速充電器」も完備。
とても明るく日中の外でも
見やすい液晶もGood!!
これは、カメラの使いやすさにも
つながっていきます♪

明日は
HUAWEI Mate9を
選んだ一番の理由
第2世代
「Leicaデュアルレンズ」
を搭載したカメラ機能をご紹介。


HUAWEI Mate 9【Part 2】カメラ機能編【MHA-L29】【Leica】

チョット聞いてください!!スマホで「ライカ」なカメラなんですって♪今回のかなぢゃんの「なんじゃら」お試しはHUAWEI Mate 9カメラ機能編でございます。Part1はこちらから→★何故にこのスマホを選んだかと言えばズバリ、ライカと共同開発した第2世代「Leicaデュアルレンズ」SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPHカメラ部スペックメインカメラ(ダブルレンズ)①1200万画素カラーセンサー②2000万画素モノクロセンサー開口部F2.2/光学手...



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントをどうぞ