Welcome to my blog

かなぢゃんの「なんぢゃら」お試しR

新感覚「新鮮クレンジングバター」を味わう!! #クオリ #クレンジングバター #洗顔

かなぢゃん

かなぢゃん


体温でトロ~リとろける
「新鮮クレンジングバター」
おばちゃんのこってりメイクも
すっきりOFF(^_^)/


今回の
かなぢゃんの「なんじゃら」お試しは、
クオリ
クレンジングバター
をお試しさせていただきました。

○内容量 2g×31包
○価格¥4,500(税抜)


クオリ クレンジングバターは、
肌にとって負担のない優しさを、厳選に厳選を重ねて研究したダブル洗顔不要のメイククレンジングです。
いつでも開けたての新鮮さを保つことができるパウチ型は、
クオリの肌への誠実な想いが詰まっています。

新感覚!!
バターのように柔らかく、手のひらでトロ~リとろける。


新発想!!
落とすだけじゃない、クレンジングで肌が潤う美容洗顔料。


乾燥肌に悩む人を救いたいという想いはもちろんのことですが、何よりも敏感肌の方に安心して使っていただく為に、厳選に厳選を重ねた成分を配合しました。

ぶどうつるエキス(レスベラトロール)、天然ゆずエキス、など11種類の天然植物エキスを贅沢に配合しました。

メイクはよく落ちるのに、お肌に優しい低刺激処方でダブル洗顔不要!!
成分を酸化させない衛生的な完全個別パウチ型でベストな洗顔を目指します。



完全個別包装で「絶対に鮮度を落とさない」意気込みが伝わってきます。


31包入りの商品ですが「オシャレにスッキリ」パッケージングされています。


パウチから出したての状態は固めのテクスチャーで、まさにバター。
体温に触れた瞬間に滑らかなテクスチャーへと変化します。



全てウォータープルーフタイプのファンデーション、アイライナー、口紅、アイシャドウで描いたお花さんも・・・

クレンジングバターが体温でとろける時にメイク落としとしての性能が発揮されるようで「のばして、拭き取っただけ」で、この通り!!

私の地肌の赤焼けが、お見苦しくて失礼(´Д`)


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo


まずパッケージ
ナニコレ!! すごーい!! オシャレです。
白地にオレンジのラインが爽やかで、
一見してクレンジングとは思いませんね。

フタを開けて1包1包、個別のパウチが放射状に綺麗に並ぶ様子を見ていると嬉しくなります。
「何だか、たくさん♥ある」の大好きです(笑)

ステキなパッケージで個別包装のメイク落としは、宿泊勤務や出張が多い方へのプレゼントにも喜ばれるかも。


もちろん、見た目が素敵なだけではありませんよ~~

新鮮開けたてバターを手にっとってみると、かすかに小さな粒々を感じます。が、顔に持って行くまでの僅かな時間で、既に粒は感じ取れなくなっています。スル~~ンと、とろけてオイルのように良く馴染んでノビます。むしろ、オイルクレンジングよりも驚くほど塗り広げ易いです。馴染みを待つということもなくメイクが浮き上がってきます。

冬場は流行のフィルムタイプのマスカラを使っていますが、
汗をかく今の時期に私が愛用している「最強の呼び声の高い、専用リムーバーが必要なタイプの油性マスカラ」も少し馴染ませて指でクルクルしたらスルリと落ちました!!
今まで使ったことがあるダブル洗顔不要のクレンジングでは、このマスカラだけは落ちないのでオイルリムーバーを併用していたのですが、この子は落とせます!!

大概のメイクはクルクルの必要が無いほど「秒殺」なのですが、肌にのせた後のテクスチャーがたまらなく良いので、マッサージにも力が入っちゃいます。


これほどメイクが良く落ちるのに、W洗顔不要でオイルクレンジングとは全く違う洗い上がり!!←これがクレンジングバターの醍醐味っしょ。

メイクはサッパリ落ちているのに、もうブースターか化粧水を使った後のようなしっとり感が残ってて嬉しすぎます。
高保湿タイプなのでオールインワンとの相性が良いです。
まさに「時短」にうってつけのアイテムです。

クレンジングバターって、ちょっと変わっていて面白いです。
使ってみると
「バター」→「メイク落とし」→「洗顔料」→「マッサージクリーム」→「美容クリーム?」
いろんな表情をもっています。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo


クオリ クレンジングバターは、
1日頑張った自分の肌への
ご褒美感たっぷりです。

最強級のマスカラでも
きちんと落ちるので
忙しい時に、本当の意味で
「W洗顔不要で時短が可能」ですよ!!




かなぢゃんは、株式会社クオリのモニターに参加しています

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントをどうぞ