Welcome to my blog

かなぢゃんの「なんぢゃら」お試しR

晩秋の本州最北端にて2018 Part3 【薬研渓流編】【紅葉狩り】【温泉】【青森県下北半島】

かなぢゃん

かなぢゃん


紅葉狩り
天気が良いだけで
ここまで違うか!!

今回の
かなぢゃんの「なんじゃら」お試しは、
晩秋の本州最北端にて
Part3 【薬研渓流編】

実家から40分弱のドライブで
こんな山の中に到着(汗)
渓流の入り口でこの風景。
天気って重要ですね♪

昨日とは打って変わって
『快晴』行楽日和
今日は北側から山に入って
薬研渓流の散策&
奥薬研温泉を楽しみます♪

なので新しいポイントへ。

遊歩道の少し手前から
青森県で1番大きいクリの木
「おぐり」を見に行きます。

看板を見た時点で
気付くべきでしたね…
「山を歩き慣れた方が、
600mを20分もかけて登る」と…
斜度もキツく普通の山道でした。

(↑真ん中の人影が私(笑))
途中、木が倒れまくっていて
道の悪い所があり、軍手+
ハイキングシューズ以上を推奨。

ゼーゼー言いながらも気合で
丁度20分くらいで到着。
中央の木が「おぐり」
樹齢800年のくりの巨木

でも、苦労した割に
逆光で写真がショボイ…
てか、葉の部分が全部写ってないし。そもそも10mm魚眼で入らないのなら撮影ポイントでは無いんだな(旦那談(怒))

おぐりから戻り、
気を取り直して
薬研渓流の遊歩道へ
降りてみます。

どこもかしこも秋の絶景。







遊歩道は歩きやすい(当たり前か(笑))

落ち葉が降り積もった
トロッコ列車のレールを
歩いていく幻想的な風景。


渓流沿いを進んでいくと
途中、真っ暗でワクワクする
トンネルがあったり。

1時間ほど散策を楽しんで…

程よく疲れた所で
奥薬研温泉
夫婦かっぱの湯



貸切風呂ではありません。お客さんがいないだけ(爆)
脱衣所も屋外、
内風呂や洗い場も無し、
男女別の露天風呂のみ
超硬派な温泉(でも大人¥230激安)
温度高めのサラッとしたお湯で
ニオイやクセが無く
とても入りやすい温泉でした。
ちなみに男湯も
独り占めだったようです。

結局、温泉の駐車場で
数人(工事関係者風)見かけましたが
他の場所では「人影無し」
そして今時「携帯の電波も無し」
田舎の山奥ナメンナヨ!!
遭難や熊には、くれぐれも
気をつけましょう…

***********

〇おまけ〇
車で下山途中、
唯一、人影のあった
(バズーカ(爆)のような大型望遠レンズのカメラマンだったので、魚道を登る川魚orカワセミ狙いだったのかな?)
大畑川砂防堰堤

手前側が魚道になっています。


↑水が止まっている上流側にカワセミ発見。あんな小さくて速い鳥は、腕的にも機材的にも撮れる訳ね~写真は無いよ(汗)

いじけて滝で練習撮影
止める

nex-5×SEL1855 23mmF4 1/1000

流す(コレやってみたかった♪)

nex-5×SEL1855 23mmF25 1/2

手振れ補正のあるレンズなら
手持ちでも結構いけますね。
次は自然の滝でチャレンジだな!!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントをどうぞ